さいごの きらきらなかない

AMIGA/SINCREA/Commodore64写真集

f:id:konamitan:20150929030745j:plain
以前描いたAMIGAや、SINCREA、Commodoreの写真集が届きました。(他にもアーケードの歴史写真集とか)4冊とどいたよ。
で、
リトルコンピュータピーポッ!!
姉が当時、ディスクシステムの女の子に変更になってるソフト…何だったっけ‥とにかくそれを買って持ってたんですが 二人で14インチのテレビにRFでつないだ画面の先に見る、女の子の挙動にワイワイしたなぁ。懐かしい。私の育った実家は壊して今は更地になり、良心もマンションに引越てしまったので寂しい限りです。無くなってしまうと大事さが出てくるというか勝手なもので、今ではあの汚い実家が1日復活してくれないかぁと思います。家族が仲良く過ごしていた頃を思い出します。自分も齢を取りましたもので、そういう事が凄く大事な記憶になってしまいました。無邪気で暴力的できらきらしていた…もう二度と戻れないし、必要ないでしょう。ゆえに。
f:id:konamitan:20150929031034j:plain
古いMacのゲームって言うとミストみたいなのを皆想像するのかな?
私は狂信的なMacコレクターでした。記憶がもはや曖昧なんですが100台以上は間違いなく持ってたと思います。それも殆どタダで手に入れたものが多かった。パソコン通信でもらったりやジャンク屋の社長に連れて行ってもらったり三郷市の廃棄所でもらったり。毎週1台増やしてたと思う。何しろ高校を出て当時はMacintosh512kのセミ欲しい(わかるかな?)ってジャンク屋でいうならばおじさん連中に妙に可愛がられて、当時は古いPCなんていうとゴミ同然でしたから、よくくれましたし、エレパのおじさんは凄く安くしてくれたり。

まぁ昔の事です、仕事も中古Mac屋でしたし、その前も後もMacを集めていました。でもテーマが一応自分なりにあって、基本的にSystem6~7が好きです。7は、漢字トーク7.5までが好きです。特に、128k~SE/30迄は大好きです。
Macで何してたのかというと、結局ゲームが主だったんですが、カラーじゃなくモニタが白黒の頃のMacってかなり孤高でした。なぜならバカ高くて一般的には使いみちが無い。その思想とか、OSに惚れて使うような…そんなマシンでした。ゆえにそこで発表される変わったゲームもたっくさんありました。挙げたらキリがないので割愛しますが、特にフリーソフトは光るものが多かったなぁAMIGAやCommodoreとはまた違ったセンスやユーモアがあふれる世界でした。ちゃんとアクションゲームも沢山あったし、初代機とかでも結構サクサク動いたんですよ。ぐぐってもこの辺の情報は日本には殆どないですね。
あるのは、典型的なMac信者のページでその中で古いマシンについてあるだけで、知られざる黎明期Macのゲーム世界というのは、いつかまとめて触ったこと無い人達に広めたり、関心されたいという欲求が始めた当初からあります。これは本でMacのMazewarsが紹介されているページ。