さいごの きらきらなかない
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いけにえと雪のセツナ その2

PS VITA

ギャーギャーいいつつ進めました。恐らく中盤を越したのでは無いかというところ。
なんといいますか、FF6みたいな印象を自分は受けますね。つまり、ちょっといいなぁなんて思いながらプレイにようやく没頭感が出てきました。中学生の頃くらいまではRPGはどれをやっても最後まで遊ぶくらい楽しかった。それが格ゲーをやりはじめてから、アクション・シューティング以外は最後まで本当にできなくなってしまいました。手早い展開やユーザビリティ上の反応の悪さ等が遊ぶ上で大きなポジションになってしまいます。なので必然とRPGというとRoguelikeゲームが多かった。信長も武将風雲録、大戦略はキャンペーン2までの簡素なシステムでないと頭が拒否反応します。

で、
いけ雪ですが(今略語命名)戦闘が多くなり、必然とロード間隔が短くなり、いいにくいんですが2台体制でやってますので・・ロード中は不思議の幻想郷の合成や錬成をしていますw ユーザー側の工夫でロード時間を克服という事にしといて下さい。というわけでクリアまで頑張ってみようと思います。