さいごの きらきらなかない

DOOM (PS4)

f:id:konamitan:20160626182137j:plain
DOOMは AT互換機を中学3年くらいの時に入手して依頼、結構ハマって id-Softのゲームは大概遊ぶくらい好きですが、Quake IIくらいまでは頑張ってやりこんできましたが、久しぶりのid-Softのゲームです(開発は異なるんでしょうが、タイトル的にidなので)で、ナイトメア難易度でシナリオ2までやってみた結果見事に飽きてしまった。考えられるのはまず、ロードがめちゃくちゃ長い事、DOOMらしいゲーム=大味 エイミング適当 というのはFPS始めたころは好きだったものの、Bungie系がやはり最高に好きすぎて、id系の適当さにどうしても納得がいかない。弱い武器でも腕で凌げるというのが基本好きなんですが、弱い武器があまりにプラズマ系武器なので爽快感無し、密接パンチにいちいちモーションが出るので立ち回りで工夫してパンチで弾丸温存すると、毎回毎回パンチからの特殊殺しモーションばかり見るはめに、連鎖の快楽が途切れまくり。更にレベルデザインがもうあまりにしょぼい。絵や音楽もヒット作系 FPSに比べると1時代前・・。これどうなってるんでしょうか。

輝かしいDOOMというタイトルが泣けてきます。大味は覚悟していたものの、であれば圧倒的快楽感にすれば良かったのに、開発の指揮者が中途半端に色々取り入れちゃったものだからこれはDOOMでも何でもない。ということで、捨てです。